脱積読宣言

日々の徒然に読んだ本の感想書いたり、カープの応援したり、小旅行記書いたりしてるブログです

『さまよえる逃亡者~続・ヒットマンたちの山一抗争』

痛いニュース(ノ∀`) : デヴィ夫人VS鈴木宗男氏「老害」激烈応酬バトル 夫人「安倍元首相でさえ奪還できなかった北方領土を取り返せるなら肩持っても良い」 - ライブドアブログ
ガチの世界史の偉人相手に、田中真紀子にすら後れをとった小物が相手になると思う方が片腹痛い。


 モニターで肩ボトックス&エラボトックス初体験。今んとこプラセボで肩が軽くなった気はしてますが、どんな効果が出ますことやら。打ってもらった後数時間背中に冷感が続いて、『喧嘩稼業』の「屍」を思い出してちょっと面白くなったのは秘密だ。

いつまでもいつまでも一緒だったらうれしいけど

竹中組長殺害事件
 1984.7下旬、一和会二代目山広組若頭後藤栄治*1は、山広組舎弟長野修一*2とともに山口組に対する行動隊を結成、長野を行動隊長に据え9月中旬には山広組から19人の隊員を選抜し行動隊の結成式を行なった。'84.10一和会常任理事石川裕雄*3は、大阪府吹田市のマンション「GSハイム第二江坂」に竹中の愛人が住んでいることをつかんだ。12月初旬に石川は同マンションの204号室を知人名義で借りて潜入、無線機を置いて一和会の「GSハイム江坂」の見張り要員と交信できる様にした。長野も12月21日に大阪市西区の「GSハイム西長堀」の302号室を借り、武器の隠し場所にした。1985.1.12石川の報告を受けた後藤は、長野を伊勢自動車道の津インターチェンジに呼び、共に吹田市の「GSハイム第二江坂」に向かった。車中、後藤は、25口径ベレッタと25口径タイタン、32口径チーフスペシャルを長野に渡した。その後、後藤は長野と石川を引き合わせ、石川は長野に無線機の使い方を教えている。'85.1.17長野は、三重県の山中で二代目山広組組員田辺豊記*4、山広組広盛会舎弟頭立花和夫*5、山広組組員長尾直美*6とともに、拳銃の試し撃ちを行なった。'85.1.18石川から38口径リボルバーを1丁受け取り、'85.1.23後藤から32口径改造拳銃1丁を受け取った。一和会側の作戦が着々と進行している中、'85.1.9竹中*7に1980年3月上旬と中旬に竹中組で開かれた賭博の罪で懲役5か月の最高裁判所の確定判決。'85.1.16竹中は、中山ら山口組最高幹部を連れて、伊丹空港から8時45分発日本航空911便に乗り沖縄県入り。那覇空港では翁長良宏*8会長を始め、旭琉会の15の一家の総長と幹部クラスの合計約60人から出迎えられ、沖縄観光がてら接待を受けた。沖縄から戻ると、'85.1.26昼には兵庫県神戸市灘区篠原本町で挙行された山口組本部上棟式に幹部全員を伴い出席。竹中は'85.1.26 21:15過ぎに、中山*9山口組南組・南力組長*10とともに「GSハイム第二江坂」に着くが、1階エレベーター前で田辺・長尾・立花に銃撃された。南は即死、竹中は銃弾3発を受けたものの、自力で愛車のメルセデス・ベンツに乗り込み、運転手の南組組員に大阪市南区の南組事務所に向かわせた。竹中らの乗った車は21時30分に事務所へ到着し、そこから(南組組員が自動車電話で手配した)救急車に乗せられて大阪警察病院に搬送された。病院に集まった組員らが輸血を申し出、竹中は9時間にも渡る手術を受けたものの、'85.1.27 23:25死亡。中山は「GSハイム第二江坂」から救急車で病院に搬送されたものの、'85.1.27 1:07死亡。竹中の仮通夜は、'85.1.27夜に兵庫県神戸市灘区の旧田岡邸で行なわれ、'85.1.31竹中家としての密葬が行なわれた。(wikipediaより修整引用)


 仕事が忙しくてやさぐれ気味な時に聞くのはやっぱヤクザの実録ものだよねってな訳で、竹中組長暗殺事件をテーマにした一冊を読破。タイトルでは明らかにメインテーマな後藤栄治の事件後の逃亡生活がエピローグの一章なだけで、本筋は竹中組長暗殺事件の背景と展開がメインって売り方からして、死ぬほど擦られて手垢が付きまくったネタなんだろうなあってのは容易に想像つきますが、類書を一切読んでない自分には実に新鮮かつ面白く読めて大満足。基本的な展開が露骨な後藤サゲの石川アゲなので、石川組長が義侠心に溢れる鷹揚な大人物に描写されていてうっかり惚れそうになります。その後の展開はフィクションのようにはうまくいかず、山口組の反撃で一和会がなすすべもなく崩壊っていう神も仏もないような残酷な結末を迎えますので、「英雄譚」として読みたい方はちょっとだけご注意を。ヤクザものは好きですが、破滅の美学だけはどうも理解できん。

やさしい言葉をかけてくる大人たちの中で僕は人生のサイズを感じた

 昨今話題のZ世代の暴走というかやらかし。個人的にはヤクザが町からいなくなったのがその比較的大きな原因ではないでしょうか。「外でお痛をしたりイキッてたりするとどこからともなく怖いお兄さんが出てきてどっか連れてかれる」ってのは非常に教育効果の高い「物語」だと、「クラクションを鳴らす時はいつでも相手がヤクザだと思え」と教えられて育った広島人は思うのでした。

Versus

Versus

Amazon

www.youtube.com

*1:山一抗争において竹中組長殺害事件を主導するも、山口組の報復に屈し後藤組を解散し引退逃亡。

*2:熊本刑務所懲役囚。一和会二代目山広組若頭。竹中組長殺害事件で実行部隊のリーダーとして暗殺を成功させるも逃亡に失敗し逮捕収監。

*3:旭川刑務所懲役囚。悟道連合会会長。国粋主義系の独立組織石川屋総業を創設し、後山口組に合流。覚醒剤売買を行っていた小西一家の若頭を斬殺したことにより名を挙げる。一和会に参加後は竹中組長の愛人宅を突き止めるなどの功を挙げる。竹中組長殺害事件に連座し逮捕収監。

*4:無期懲役囚。清野組所属。クラブの売掛金を回収に行った先で暴力事件を起こし服役したのをきっかけにドロップアウト山口組の四次団体に所属し債権回収で頭角を顕す。竹中組長殺害事件で竹中への狙撃に成功したのち出頭し収監。

*5:無期懲役囚。広盛会所属。焼肉屋を経営していたが資金繰りが悪化していたところに融通手形のサルベージに来たヤクザにスカウトされ広盛会に参加。竹中組長殺害事件に参加したのち出頭し収監。

*6:無期懲役囚。二代目山広組所属。肺結核を患いドロップアウト。ヤクザとカタギを行き来する半端な生活を送るもタクシー運転中に事故を起こし路頭に迷っていたところを東健二に拾われ二代目山広会へ参加。竹中組長殺害事件でボディーガード二人を殺害したのち出頭し収監。

*7:正久。四代目山口組組長。姫路の名家に生まれるもドロップアウトし地元の不良を糾合し竹中組を設立。山口組合流後は博多事件などで武闘派の雷名を轟かせ累進。三代目組長田岡の死後未亡人文子の強い推挙により跡目継承。その強引な相続は一和会の独立と山一抗争を招き、暗殺。

*8:三代目旭琉会会長。内部抗争で殺害された多和田真山の後を襲い旭琉会会長に就任。反主流派の理事長富永清との対立が激化し、沖縄旭琉会の独立を招いた。

*9: 勝正。四代目山口組若頭。豪友会初代会長。竹中組長殺害事件に巻き込まれ横死。

*10:四代目山口組若中。南組初代組長。竹中組長殺害事件に巻き込まれ横死。

湖北台八幡神社

ヒロイモノ中毒 【悲報】日本昔ばなし、コンプラで跡形もなく改変されてしまう
我々が知ってる「昔話」自体オリジナルから魔改造されまくった果ての産物ですからねえ。目くじら立てるのはなんか違う気がする。


 あっという間に去んでしまった1月。今年もこうやってあっという間に過ぎてくんだろうなあ。

何も気にせずに歩いて行かなきゃ

中峠八幡神社
 社号 :八幡神社、祭神:誉田別命*1・速須佐之男*2。住所:千葉県我孫子市湖北台八丁目16番2号。
 我孫子市湖北台にある神社です。中峠八幡神社の創建年代は不詳ながら、康平年間に八幡太郎義家*3が奥州征伐の際当地二本榎に宿営、そのあとに「八幡大菩薩」と書かれた白旗がのこされているのを奉斎して創祀したといいます。1541芝原城主となった河村出羽守*4は、当社を居城の鎮守としたといい、江戸時代には村の鎮守社だったといいます。(猫の足あとより修整引用)


 レッツ近くに行きたい。という訳で、同じ我孫子市内なれどあんま行くことのない湖北地区の鎮守っぽい湖北台八幡神社(中峠八幡神社)へ。神社自体はよくも悪くもなんの変哲のない地域の小社。職住近接で思いっきり住宅と一体化した祭殿とか神域を割譲して建てたと思しき保育園や小学校といい、実に味わいのある風情でした。ついこないだいったばかりの別院真福寺と同じ宗教施設とは到底思えません。これからの時代ますます厳しくはなっていくんでしょうが、こういった地域に根差した神社が頑張って生き延びてくれますように。

風は強いけど歩いて行かなきゃ延々青い陽の中で目指したものを

 車で来たら10分足らずで来れるのであんま気にしてなかったのですが、プライベートで訪れてみると、電車で2-3時間かけていった先みたいな見事な非日常感を感じさせてくれる地方の田舎町の風情。これはひょっとして凄まじくコスパいい旅行先を見つけれたのかしらん。

8

8

Amazon

www.youtube.com

*1:第15代天皇諡号:応神。父仲哀帝、母神宮皇后。母神宮皇后の摂政と武内宿禰の輔弼を得て統一の進展と対外交渉の発展を為した。

*2:イザナギ。黄泉国から戻った父イザナギの禊により誕生。姉のアマテラスとの不和により高天原を逐われ、出雲に降臨。八岐大蛇を退治するなどの功を挙げ、根之堅洲国に君臨した。のちに牛頭天王とも習合。

*3:陸奥守。正四位下。父源頼義、母平直方女。父に従い前九年の役に従軍。帰京後は白河帝に近侍し活躍。陸奥守として下向した先で後三年の役を解決するも私闘と看做され中央では失脚。関東で勢力を扶植し河内源氏の祖となった。

*4:勝融。中峠城初代城主。

Bunkamura

【悲報】Z世代、“また”回転寿司店でやらかすwwwwwwwwwwwwwww:暇つぶしニュース
通りで昨日やたらスシロー空いてた訳だ。営業妨害ってレベルじゃないですね、これ。


 ラーメンや揚げ物は比較的大丈夫なのに、焼肉だけやたら脂にやられるのなんでだろう。加齢なのは自明ですが、切ないなあ。

Innumerable stars Won't tell us where to go

Bunkamura
 日本の東京都渋谷区道玄坂にある大型複合文化施設。企画展用の美術館、ミニシアター、コンサートホールなどで構成されている。平成元(1989)年に開業した。東急百貨店本店に隣接している。
 東急グループの総帥・五島昇*1の弟分・岡田茂*2東映社長が1975年に開設したテーマパークに東映太秦映画村命名したことに、「お前いいタイトル付けたなあ」と感心し、五島が本プロジェクトを発案、同じような「〇〇村」という名前を付けた。
 1980年代の東急グループ全体の戦略であった「3C戦略」に基づき設立された、株式会社東急文化村が運営する東急グループの施設である。東急グループの「3C」とは「culture(文化)」、「CATV(東急有線テレビ*3)」、card(クレジット・イチマルキュウ *4)の頭文字をとったもので、Bunkamuraはカルチャー(文化)の中心的プロジェクトであり、東急グループの「文化戦略」の中核を担うものである。良質の文化を創造し提供する「発表の場」、新しい文化の育成のための「創造の場」、人・芸術・物の交流を促進する「出会いの場」の3つをコンセプトに、コンサートホール(音楽)、劇場(演劇)、美術館(美術)、ミニ・シアター(映像)の各施設をはじめ、カフェやアート関連ショップなどがある。かつてファンハウス*5東急グループ傘下に入っていた時期には、共同で東急ファン事業を行っていた。最寄り駅は渋谷駅。渋谷スクランブル交差点界隈から文化村通りで接続する。隣接する東急百貨店本店とは各階の連絡通路で結ばれている。
 2023春以降に、隣接する東急百貨店本店が建物の老朽化に伴う閉店・建て替えにより、Bunkamuraも大規模改修工事を行い、'23.4より長期休業する予定である。なお期間中はオーチャードホールを除き横浜みなとみらいホール東急シアターオーブやTHEATER MILANO-Za、ヒカリエホールなど東急グループの施設で主催公演を行う予定。 (wikipediaより修整引用)


 都心リベンジ。毒を食らわば皿までってな訳で、オシャレタウン渋谷に鎮座まします文化施設Bunkamuraへ。外見自体は田舎にもよくある文化会館って面持ちだったんですが、中に一歩入るやいなや怒涛の本流のごとくに押し寄せる圧倒的な意識高い系オーラにやられて早々にグロッキー。上演作品とかにほとんど食指を動かされるものがなかったので、ザ・ミュージアムでやってた「マリー・クワント展」だけ見て大人しく退散いたしました。背伸びはよくないと痛感させられた小旅行の思い出です。

It's a long long run To the place in the sun

 俺の思う文化と都会の人の思う文化ってなんだかちょっと違う気がする。と最近痛烈に感じる病膏肓に入った国史系文系陰キャでした。


www.youtube.com

*1:東京急行電鉄第11代社長。父慶太、母(久米)万千代。父より受け継いだ東急グループの再編に尽力し、リゾート開発などにより事業拡大と安定経営を実現した。晩年は財界活動にも熱心であり、日本商工会議所会頭や「中曽根康弘を総理にする会」の創設など、バブル期のフィクサーとしても活躍した。

*2:東映第2代社長。勲二等瑞宝章東映中興の祖として戦後の日本映画界に君臨、「日本映画界のドン」と称された。経営者としても有能で映画産業の急速な斜陽化を乗り越えテレビ時代に適応する新たな映画配給スタイルを確立した。

*3: 現:イッツ・コミュニケーションズ

*4:現:東急カード

*5:現・アリオラジャパン

犬吠駅

【悲報】AV新法、とんでもない悲劇を生み出してしまう : 暇人\(^o^)/速報 - ライブドアブログ
いいセンスしてるなあ。個人的には『鬼詰のオメコ』以来のヒットです。


 担当者各位にお願い。全部根回し終わらせて盤石だと思ってた会議の開始1時間前に初出の新情報ぶっこんでくるのは勘弁してください。つーかまじしばくぞと。

さぁ、行こう!選んだ道の先へ

犬吠駅
 千葉県銚子市犬吠埼にある、銚子電気鉄道銚子電気鉄道線の駅である。駅番号はCD09。関東の駅百選に選定されている。
 沖縄ツーリストが命名権を取得しており、OTS犬吠埼温泉を冠した愛称としていた。沖縄ツーリストのキャッチコピーであるワンツースマイル(One Two Smile)の略称「OTS」を犬吠の駅名の一文字である「犬」の鳴き声(ワン)との語呂合わせ、現地観光名所の犬吠埼温泉と掛け合わせていた。2022.12.16まではネーミングライツの期間延長と共にOTS沖縄ツーリスト犬吠埼温泉に変更されていたが満了し、'22.12.17バンダイナムコエンターテインメント命名権を取得、「最高だぜ!銚子!アイドルマスター SideM」に変更された。かつては廃車になったデハ501と元相模鉄道モニ2022の2両が駅前広場に置かれ、電車の車体を利用したNPO運営の福祉喫茶「電車レストランかふぇ・ど・えがお」が営業されていたが、老朽化・塩害による車体の腐食のため、'12.7下旬に解体処分された[2]。 (wikipediaより修整引用)


 前回大分がっかりスポットだったんで今回は気を取り直して外れようのない鉄板スポット犬吠埼へ。とは言え、普通に行くのもなんか負けた気がするという訳で、目標を犬吠駅に設定。商魂たくましい銚子鉄道に乗って向かった先の駅には、もういい意味で恥も外聞もくそくらえの自虐ネタと便乗ネタのオンパレード。まあ駅名の副称が「最高だぜ!銚子!アイドルマスター SideM」になってる辺りでもう何をかを況やなんですけど。バブル期に大枚はたいて作られたと思しき南欧風の駅ゲートがうらさびれて放棄されて、通用口だったっぽい駅舎の小さな出入口の方が賑わうメインゲートになってる辺りに、栄枯盛衰というか諸行無常を感じました。とは言え、諦めや気取りに逃げず、現実と真正面から殴りあおうとする気概に非常に感銘を受けた有意義な小旅行となりました。

理由を持ってる仲間とココに!

 さすがにこれだけだと斜に構え過ぎなので、近隣の感想をば。駅から岬までの道のりはお約束の様なさびれた旧温泉街って風情でしたが、旧中心部から微妙に外れた海側には現代風に洗練されたスタイリッシュで実用的な近代観光施設群がぶいぶい言わせており、ここでも変わり続けていくことの大切さを痛感させられました。海岸の風景は私が付け足すことなどかけらもない絶景で、太平洋岸の人々の飽くなき冒険心の根源の一端に触れれた気がします。全体的に凄く雰囲気よかったんで、又近いうちにできれば素敵な誰かと一緒に来たいなあと。


www.youtube.com

『帝国書記官のおしごと』

【動画あり】日本維新の会がColabo不正会計問題を参議院本会議で取り上げNHKテレビ入りで全国放送→日本共産党 大 発 狂wwwwwwwwwwww:ハムスター速報
大阪「水と空気から石油を作る」という怪しげな事業に騙されてしまう…イソジン・大阪ワクチンと詐欺られまくるwwwwwww:ハムスター速報
ええと、称賛と罵倒の両方を同時にさせないで欲しいんですけど。是々非々にもほどってもんが・・・。


 二日連続で男1女3の深夜のハーレム飲み会。どっちも何事も起こる気配もなく紳士に終わらせられた自分を褒めたいと思います。・・・ふんだ。

描いた未知のキャンバス重ねる景色繋いでみて繰り返していく衝動

グレート-O-カーン
 新日本プロレスに所属するプロレスラー。出身地等は不明。
 2018イギリスで現地のプロレス団体であるRevolution Pro-Wrestlingと共同で行われた興行において海野翔太*1の対戦選手「X」として突如登場したのが初出である。この時は顔面に護符布を装着して顔を隠しまるでキョンシーのようなコスチュームで現れ、リング入り後にその布を取り正体を明かしている。彼は自らをドミネーター(支配者)と名乗り、リング名はグレート-O-カーンと名乗った。以降新日本プロレスにおいてはヒールとして乱入等を行っている。一人称は「余」を使い、傍若無人な性格であり、敵対するレスラー等には容赦なく「ひれ伏せ愚民どもっ!」と容赦ない罵詈雑言を浴びせるが、自分のファンについては帝国民と呼称してとても大事にしている。同じく新日本プロレスで活動していた岡倫之に酷似しているが、本人はイギリスでのデビュー以前は記憶が曖昧ということで詳細は不明。(ニコニコ大百科より修整引用)


 昨春の女児救出で一躍時の人となったグレート-O-カーンの取材記事まとめがついに書籍化!人の良さを隠しきれないイロモノヒールって際物を最初期から追っかけて、件の殊勲での大ブレイクへと漕ぎつけた東スポの慧眼に脱帽です。内容は、試合前や勝利後は慇懃無礼な褒め殺しで調子に乗らせるだけ乗らせといて、負けたら一気に手の平返して罵詈雑言の嵐の実に丁寧なプロレスというかマッチポンプで、これぞスポーツ新聞の鑑といった様式美。スポーツではありえないプロレスの魅力が詰まり放題の一冊ですので、興味を持たれた方は是非味見のほどを。一気読みするとベタベタの脂っこい味付けで正直かなり胸やけしますが。

愉快な仲間と歩いた非日常

 大空スバルとの対談を目的に買った割には思った以上に楽しめました。真剣勝負で見る側も神経を尖らせる必要のあるアスリートと違って、酒を片手に床屋政談でわいわい好き勝手言えるプロレスってジャンルはなんだかんだ言って需要あるんだなあと改めて。


www.youtube.com

『ロシア革命の現場証人』

年収1000万円の岸田の息子・翔太郎ちゃん 父親の外交についていき公用車を使ってヨーロッパ観光旅行を満喫wwwwwwwwwww:ハムスター速報
コッテコテのバカボンボンで一周まわって素敵。高校の先輩としては勘弁してくれよって感じなんですけども。


 湯島聖堂の近くの会社に訪問するのに間違えて湯島天神に向かってしまう大チョンボで遅刻。ああ俺疲れてんのかなあ。

光と闇のどちらにでも居れる怖がらないで望まぬ朝はもう来ない

ロシア革命 Russkaya revolutsiya
 ロシア帝国で20世紀の初めにほぼ連続して3回発生した革命の総称。革命の起動力がマルクス主義革命党と人民運動であった帝国主義の時代にあって、社会主義権力を世界史上初めて実現した。特に最終の到達点である十一月革命(1917)をロシア革命という場合がある。
 日露戦争の最中に起き1905年革命は「血の日曜日事件」を契機として全国的ストライキ闘争と農民運動に発展した。1905.10ゼネストへの譲歩としてツァーリ*1が出した「10月17日証書」(十月宣言)で市民的な自由が約束され、国会と国家評議会の二院立法制と国家基本法が制定されたが、制限されつつも専制は維持された。'17第一次大戦の中で起きた三月革命ではソヴィエトと国家臨時委員会の間に「二重権力」状態が発生し、それを基礎に'17.3.15臨時政府が発足し帝政は崩壊した。臨時政府は戦争の継続をめざし、レーニン*2は四月テーゼによって「すべての権力をソヴィエトへ」の方針を示し、さらに武装蜂起を構想して'17.11.7臨時政府を打倒し十一月革命を実現した。'17.11.8ソヴィエト大会は民主的な諸要求の実現を革命の理想として掲げた。しかし内外の環境がその実現を阻んだ。特に農民革命と民族革命の自律性は革命勢力と調和せず、国内外にわたる反革命勢力の攻勢は革命政権に国家と権力の維持を優先させた。革命の矛盾と弱さは国内で多大な出血と幻滅を生んだが、社会主義と民族解放の旗印は国際的な反響をよんだ。(『角川世界史辞典』より引用)

  

 左翼の(以下略)。1968年の刊行とあって共産主義礼賛を覚悟してたんですが、まさかのレーニンが悪役の配置。ラスプーチンニコライ2世に並ぶ大戦犯として、ケレンスキー率いるメンシェヴィキの穏健改革を台無しにしてロシアに数十年の混乱をもたらした禍根として描写されてます。口だけ番長レーニンが、無知暴虐のならず者集団ボリシェヴィキを使嗾してメンシェヴィキによる穏健革命の成果を横取りしたって物語は刺激的ですが、そら黙殺されるわと。前半の落日のロマノフ家パートも後半のケレンスキー奮闘記も実に普通に読み物として面白いのでこのまま埋もれさせてるのは勿体ない一冊です。現在のロシアの大暴走とオーバーラップする部分も多いので、是非ご一読を

短い夢を重ねて永遠にして逝く花の偽りが切なく拒む世界を傷付ける

 ロシアのウクライナ侵攻も解決の糸口も見えないまま早1年が経とうとしています。ソビエト時代から数えて100年以上も世界の悪役をやってくれてるのはありがたくはあるんですが、さすがに調子乗り過ぎだよなあと。最近売り出し中の中共と合わせてしっかり勧善懲悪の物語に落着しますように。


www.youtube.com

たまに帰ってくる今日の一行知識

プーチンの一族は元々「ラスプーチン」って名字だった

あまりの悪評に耐えかねて改名したみたいですね。帝国に続いて連邦も、ロシアを終わらせるのは「(ラス)プーチン」になりそうですね。

*1:Николай II。ロシア帝国第14代皇帝。父アレクサンドル3世、母マリア=フョードロヴナ。父の後を襲い皇帝即位。対欧友好路線を掲げ、中国進出を企図するも日露戦争の敗北により第一革命を招く。以後も強権を保持するものの、怪僧ラスプーチンなどの佞臣を重用する側近人事から人心は離反し、第一次世界大戦の最中に二月革命が勃発し退位配流。十月革命により処刑。

*2:Влади́мир Ильи́ч Ле́нин。本名:ウラジーミル=イリイチ=ウリヤノフ。ソビエト連邦人民委員会議初代議長。父イリヤ=ニコラエヴィチ=ウリヤノフ、母マリア=アレクサンドロヴナ=ブランク。兄が皇帝暗殺計画に関与し処刑されたことにより革命思想に傾倒。スイスに亡命し機関紙『イスクラ』を創刊し、ロシア社会民主労働党の理論的指導者となる。党が分裂するとボリシェヴィキのリーダーとなる。メンシェヴィキ主導の二月革命に乗じて帰国し、四月テーゼを発表。十月革命によりメンシェヴィキを打倒しソビエトの全権を掌握。コミンテルンの創設など共産主義の国際化に尽力。

『文化大革命』

【#colabo】日本維新の会・音喜多議員がcolaboや若年被害女性等支援事業にかかる諸問題について質問主意書を提出しネットでは「音喜多見直した」の声:ハムスター速報
同和利権を潰した橋下徹大阪維新の会が関西では今でも英雄たりえてるように、ここでナニカ利権を潰せたら真面目に政権担当与党への道が拓けると思うので、心の底から頑張ってください。


 明日は警報級の大寒波の予報で世間は色々かまびすしいですが、なんでそんな日に限ってごつめでキャンセルの利かない大型の用件が2件も都心で入ってるんだろう。心の底から憂鬱です。

東方紅,太陽昇,中国出了個毛沢東

文化大革命
 西暦1966年から約10年間中国で繰り広げられた権力闘争。プロレタリア文化大革命文革とも。
 毛沢東*1が起こしたもので、資本主義復活を阻止し、共産主義への新たな道をめざし、「史上前例のない」実験などと称された。劉少奇*2や鄧小平*3などを「資本主義の道を歩む実権派」として、紅衛兵らを動員して激しく攻撃させたが、国内は大混乱に陥り、国外でも大きな波乱を引き起こした。文革は、'76秋毛沢東の死と「四人組」の逮捕により終息し、今日では「十年の動乱」などと批判されている。(『角川世界史辞典』より引用)


 批判するならするでキチンとサヨクの皆さまのことも学ぼうシリーズ。今回は講談社現代新書より『文化大革命』を。礼賛か罵倒かそれとも見苦しい言い訳かとwktkしながら読んでみると、意外や意外「毛沢東の理想自体は間違ってなかったんだろうけど、やらかしたことは一切弁護できないよね」っていうかなり中立な観点。書かれた時期が思いっきり鄧小平全盛期なので、ちょっと鄧小平びいきかなってくらい。特に、思想的な分析は最小限に、劉少奇林彪周恩来→四人組と実権を握るメンバーがコロコロと躍進失脚復権を繰り返す政争にフォーカスされているのが実に自分好みで◎。ああいつみてもどこみてもドロドロの権力闘争は面白い。最後に非常に印象的で現代にも通じる視座として「中国の為政者は紅衛兵の暴走がトラウマになっていて、学生運動には過剰反応する」というもの。ああそれで第二次天安門事件もこないだの香港動乱もあんな強権発動したんだと一人納得。という訳で、次代の王たる中華帝国の根源を理解するには必須の一冊となっておりますので是非ご一読を。

他為人民謀幸福,呼児咳呀

 大躍進政策文化大革命で負った数十年のハンデをひっくり返して世界のトップランナーに立とうとしている中国。経済工業はもちろん文化芸術面も、もう小国たるわれら日本の敵うレベルではなくなりつつありますが、唯一まだ確実に先行しているといえるのは、漢文学と中国史実学偏重の中国人には、貝塚茂樹宮崎市定の様な碩学の学統に連なるわれらの分厚い研究史を超えることはきっとできないでしょう。という訳で、パクス・チーナにおける日本の立ち位置は中華文明の失われた文化歴史を奉ずる学芸員であると確信しています。その為にも、是非漢文教育の拡充を。


www.youtube.com

*1:中華人民共和国初代主席。湖南省湘潭県の人。父貽昌、母文素勤。新文化運動に感化され共産党に参加。第一次国共内戦では長征を成功に導き、共産党の指導者に上り詰める。日中戦争と第二次国共内戦に勝利し大陸を統一し、中華人民共和国を建国。中ソ対立や大躍進政策の失敗により失脚するも、文化大革命により復権極東アジアに功罪半ばする巨大な爪痕を残した。

*2:中華人民共和国第2代主席。湖南省寧郷県の人。ソビエトに留学し中国共産党に参加。安源炭鉱のストライキなどの労働運動で頭角を顕す。遵義会議で毛沢東を指示したことにより党内の主流派となり、『共産党員の修養を論ず』などで理論的指導者の地位を確立した。中華人民共和国成立後は副主席などの要職を歴任し、大躍進政策により毛沢東が失脚した後を襲い主席就任。市場主義を導入した経済政策を志向するも、文化大革命により失脚横死。

*3:中華人民共和国中央軍事委員会初代主席。四川省広安県の人。フランス・ソビエトに留学し 中国共産党に参加。周恩来の側近として累進するも、文化大革命で走資派の烙印を押され失脚。林彪事件周恩来の推薦により復権するも、周の死後第一次天安門事件で再度失脚。毛沢東死後四人組の失脚により三度復権すると、後継者の華国鋒を逐い最高指導者となる。中ソ和解や一人っ子政策などの改革開放路線をとり、現代中国の躍進の礎を築いた。