脱積読宣言

日々の徒然に読んだ本の感想書いたり、カープの応援したり、小旅行記書いたりしてるブログです

メジロライアン

【草】サンデーモーニング・青木理「日本を守る防衛費増額なんて必要ない」→北朝鮮、怒りの弾道ミサイル即発射→青木理「・・・」:ハムスター速報
珍しく金正恩GJ。参院選の直前辺りにも念のためよろしくお願いしますね 


 ダメ元で色々蒔いてた種たちに芽吹く予感が・・・はいいのですが、一度に来られるとキャパオーバーもいいところなんですけど(泣)。世の中なかなか上手くはいかないものです。


競馬成績・・・R4収支-34520

  • 安田記念・・・本命シュネルマイスター+110
  • 鳴尾記念・・・本命カイザーバローズ-100
  • 松風月S・・・本命オーロラテソーロ+90
  • アハルテケS・・・本命ジュランビル-100

行かなくちゃ!限界をつかまえて超えて

ウマ娘

メジロライアン
 筋トレ大好きなスポーティー娘。名門メジロの生まれながら、名家ぶったところはなく、その性格は爽やかそのものである。幼なじみのメジロマックイーン*1に引け目を感じており、本当は彼女のように速く可愛くありたいと願っている。体は強いがハートは少し繊細。
cv.土師亜文*2


 どうしてこうなった。ベリーショートの筋肉マニアという美少女ものにはちょっと場違いなキャラ付けが迷走感を漂わせる子。筋トレオタなのにモデリングの関係上他の娘と同じで全く筋肉質な体形じゃないのもとってもなんだかなあ。とは言え実際育成してみると、自己肯定感低めの乙女チックな性格で、キラキラ輝くヒロインであるメジロマックイーンに抱くコンプレックスを、積み重ねた鍛錬と勝利で克服していく王道を行くスポ根もの。最近はメジロドーベルメジロブライトといった「娘」達も実装されて面倒見のいい頼れる先輩やってて好感度↑。見た目とキャラ付けで初見はどうしても割を食ってしまいがちですが、是非育ててあげてもらいたい娘です。

原作

メジロライアン
 昭和六十二(1987)~平成二十八(2016)年。日本の競走馬、種牡馬。性別:牡、毛色:鹿毛。父:アンバーシャダイ*3、母:メジロチエイサー*4、母の父:メジロサンマン*5。生国:日本(北海道伊達市)。生産:メジロ牧場、馬主:有限会社メジロ牧場、調教師:奥平真治*6美浦)。
 日本の競走馬、種牡馬。1990中央競馬クラシック三冠競走では、'64ウメノチカラ*7以来となる3戦3敗、3着以内を記録。’91平成三強に代わる「新三強」をメジロマックイーン*8とともに形成して春古馬路線を争い、宝塚記念(GI)を優勝した。'93種牡馬となり、GI競走5勝を挙げたメジロドーベル*9天皇賞(春)勝馬メジロブライト*10らの父となった。その他の勝ち鞍に、'90弥生賞(GII)・京都新聞杯(GII)。'92日経賞(GII)。 (wikipediaより修整引用)


 伝説のオグリ引退の有馬での大川慶次郎の「りゃいあん、りゃいあん」の絶叫が印象的な馬。その戦績と生涯はというと、名馬メジロティターンの近親である母メジロチェイサーに期待の種牡馬アンバーシャダイを付けた良血として期待されます。デビュー後は今一勝ちきれない成績が続くも、アイネスフウジンを下しての弥生賞制覇で一気にクラシック戦線の大本命に。しかし、皐月賞・ダービーではハクタイセイアイネスフウジンに後れをとりそれぞれ3着・2着の惜敗。続く菊花賞では前述2頭の故障離脱もあり一本かぶりの大本命。しかし、同僚の伏兵メジロマックイーンに掬われここでも惜しい2着。「メジロでもマックイーンの方だ~」の実況は有名ですね。続く有馬は前述のオグリの伝説の引退レース。ここでも惜敗で、善戦マンとして妙な人気を集めるようになった模様。翌年も中山記念を取りこぼし、天皇賞春もメジロマックイーンに完敗。続く宝塚記念で雪辱を果たし悲願のGⅠ制覇も屈腱炎を発症。秋を棒に振り有馬・AJCCと惨敗するも、日経賞で復活。名優の二つ名を持ち「退屈」とすら評されるようになったメジロマックイーンとの角逐を期しますが、再度の屈腱炎で無念の引退。種牡馬としては初年度からメジロドーベルメジロブライトの2頭のGⅠ馬を輩出し期待をかけられますが、サンデーサイレンス旋風の前に後が続かず。最後の最後まで華やかさと泥くささを合わせ持つ愛すべき名馬としての馬生を全うしたようです。

馬名の由来

メジロ牧場
 かつて北海道虻田郡洞爺湖町にあった競走馬の生産牧場である。日本屈指のオーナーブリーダーであり、史上初の牝馬三冠馬メジロラモーヌ*11、GI競走5勝を挙げたメジロドーベルなど数々の名馬を生産した。勝負服の柄は「白、緑一本輪、袖緑縦縞」。
 1967建設会社・北野組社長で馬主の北野豊吉*12が、北海道伊達市の高橋農場から敷地の一部を割譲され、伊達市メジロ牧場を開場。牧場名は北野の自宅所在地である東京都豊島区の地名「目白」に由来する。開業当初から数々の重賞優勝馬を輩出し、1982年にメジロティターン*13天皇賞(秋)に優勝し、八大競走初優勝。以降もメジロライアンメジロドーベルなどの名馬を生産している。しかし2000年代に入ると次第に成績は低迷。2006を最後に重賞勝利から遠ざかり、成績不振により競走馬の賞金を基にした経営が成り立たなくなったことから、'11.5.20牧場を解散、同時に馬主業からも撤退した。1971洞爺湖町に分場を開設。2003本場がこちらに移され、伊達市の旧本場は育成・休養に使用されていた。 (wikipediaより修整引用)

リン・ノーラン・ライアン・ジュニア Lynn Nolan Ryan Jr.
 西暦1947年~。国籍:アメリカ合衆国、出身地:テキサス州レフュージオ。身長:6フィート2インチ*14、体重:195 lb*15。右投右打、ポジション:投手。プロ入り:1965(12巡目)、初出場:1966年9月11日、最終出場:1993年9月22日。
 アメリカ合衆国テキサス州レフュージオ出身の元プロ野球選手選手(投手)。ニックネームは「Ryan Express」。右投げ右打ち。シーズン最多奪三振記録・通算最多奪三振記録保持者。現在はヒューストン・アストロズのエグゼクティブ・アドバイザーを務めている。 (wikipediaより修整引用)
経歴:ニューヨーク・メッツ (1966-'71)→カリフォルニア・エンゼルス ('72-'79)→ヒューストン・アストロズ ('80-'88)→テキサス・レンジャーズ ('89-'93)
通算成績
登板807先発773完投222完封61無四球4勝利324敗戦292セーブ3勝率.526打者22575投球回5386被安打3923被本塁打321与四球2795敬遠78与死球158奪三振5714暴投277ボーク33失点2178自責点1911防御率3.19WHIP1.25
受賞歴


 名門メジロ牧場のこの年のテーマは有名人。スティーブ=マックイーンやアーノルド=パーマーなんかが同期にいますね。メジロライアンの由来はノーラン=ライアン。正直永川やヤクルトの小川が「和製ライアン」って呼ばれてる、足を高く上げたフォームが印象的な奪三振王ってくらいしか知らなかったんですが、改めて調べてみるとガチもんの怪物ですねこの人。ノーヒットノーラン7回って何の冗談ですか。個人的には奪三振だけでなく与四球と暴投のMLB記録も所持する暴れ馬っぷりが大好きです。

まっすぐ伸びる可能性を走ってみようここから・・・全速力!

 勝ちきれない善戦マンが大人気に・・・っていうとちょっと不思議な気もしますが、現代でもキセキとか偉い人気でしたもんね。個人的にはカレンブーケドールとか大好きでした。という訳で、ファインルージュにはめげずにこのまま頑張って欲しいものです。


www.youtube.com

*1:チームスピカ所属。トウカイテイオーのライバルとして天皇賞春を二連覇するなどの活躍を見せるも繋靱帯炎により引退の危機を迎える

*2:81プロデュース所属。代表作:百井あき(『HUGっと!プリキュア』)・チカ(『ドメスティックな彼女』)(声優)、ヒョジン(『哭声/コクソン』)(吹替)他。

*3:生涯成績:34戦11勝、獲得賞金:4億6205万4400円。父ノーザンテースト、母クリアアンバー、母の父Ambiopoise。主な勝鞍:有馬記念(1981)・天皇賞(83春)。主な産駒:カネトシガバナーベストタイアップカンファーベスト

*4:通算成績:26戦3勝。父メジロサンマン、母シェリル、母の父スノッブ。主な勝鞍:琵琶湖特別(1981)。主な産駒:メジロフルマーメジロアニタメジロオルバース。

*5:通算成績:28戦10勝。父Charlottesville、母パラデイシア、母の父Aureole。主な勝鞍:目黒記念(1967)。主な産駒:メジロウルフ・メジロフクシマ・メジロオーサカ。

*6:通算成績:9425戦848勝(重賞49勝)。主な管理馬:メジロラモーヌストロングエイトレオダーバン

*7:生涯成績:27戦9勝、獲得賞金:2922万7150円。父ヒンドスタン、母トキノメーカー、母の父プリメロ。主な勝鞍:朝日杯3歳S('63)。主な産駒:テツノムサシ・ビエント・テツノウメ。

*8:生涯成績:21戦12勝、獲得賞金:10億1465万7700円。父メジロティターン、母メジロオーロラ、母の父リマンド。主な勝鞍:天皇賞('91春・'92春)・菊花賞('90)・宝塚記念('93)他。主な産駒:ヤマニンメルベイユディアジーナ・ツジノワンダー。)))、ホワイトストーン((生涯成績:32戦4勝、獲得賞金 4億2178万1600円。父シービークロス、母ワイングラス、母の父ナイスダンサー。主な勝鞍:産経大阪杯('91)・AJCC('93)・セントライト記念('90)。主な産駒:アローウィナー・ホワイトチェイサー・モールドマラカス。

*9:レイクヴィラファーム繋養。通算成績:21戦10勝、獲得賞金:7億3342万2000円。父メジロライアン、母メジロビューティー、母の父パーソロン。主な勝鞍:オークス('97)・エリザベス女王杯('98・'99)・秋華賞('97)・阪神3歳牝馬S('96)。主な産駒:レーヌドブリエ・ホウオウドリーム・メジロオードリー。

*10:生涯成績:25戦8勝、獲得賞金:8億3258万7000円。父メジロライアン、母レールデユタン、母の父マルゼンスキー。主な勝鞍:天皇賞('98春)。主な産駒:マキハタサイボーグドリームキューブクリストサファイア

*11:生涯成績:12戦9勝、獲得賞金:3億1192万100円。父モガミ、母メジロヒリュウ、母の父ネヴェアービート。主な勝鞍:優駿牝馬(1986)・桜花賞('86)・エリザベス女王杯('86)。主な産駒:メジログリーンメジロテンオー・メジロディザイヤー

*12:北野建設初代社長。メジロ牧場を開場し、オーナーブリーダーとしてメジロ時代を築いた。

*13:生涯成績:27戦7勝、獲得賞金:1億7550万8000円。父メジロアサマ、母シェリル、母の父スノッブ。主な勝鞍:天皇賞(1982秋)。主な産駒:メジロマックイーン・アトミックサンダー・メジロマーシャス

*14:約188 cm

*15:約88.5kg